熱中症にかかりやすい人

熱中症の予防についてですが、
まずは、熱中症にかかりやすい人と
熱中症にはかかりにくい人が居ます。


ここでは、熱中症にかかりやすい人とは
どんな人なのかを知っていただき、
自分が熱中症にかかりやすい人に該当すれば
十分な注意が必要だといえます。



熱中症にかかりやすい状態の人は
以下のような方です。

●体力の弱い人(新入生や新人)
●肥満気味の人
●体調不良の人
●暑さになれていない人
●風邪などで発熱している人
●怪我や故障している人
●暑熱障害になったことがある人
●性格的に、我慢強い、まじめ、引っ込み思案な人



又、以下のような疾患を持っている人は
十分な注意が必要になってきます。

●高齢者
●心疾患(冠状動脈疾患など)
●高血圧
●アルコール中毒
●発汗機能の低い人



最後に、熱中症の起こりやすい環境や
活動の条件などは以下の通りになります。

●前日までに比べ、急に気温が上がった場合
●梅雨明けをしたばかりの時
●気温はそれほどでなくとも、湿度が高い場合
  (例: 気温20℃、湿度80%)
●活動場所が、アスファルトなどの人工面で覆われているところや
  草が生えていない裸地、砂の上などの場合
●普段の活動場所とは異なった場所での場合
  (涼しいところから暑いところへなど)
●休み明け、スポーツ等の練習の初日
●練習が連日続いた時の最終日前後


スポンサード リンク