熱中症の症状別の対応

熱中症に場合は、色んな症状があります。
ですから、ソノ症状別に対応が違ってきます。


暑さで倒れた事を面白がって笑っている場合ではありません。
早急に対応して、処置を行いましょう。


ここでは、よくある熱中症の症状別の対応方法を
お伝えしたいと思います。



●筋肉が痙攣している場合(熱痙攣)

まず、痙攣している部分をマッサージします。
又、体の特定の部分(例えば脚など)が冷えている場合は、
その部分もマッサージしていきましょう。


●皮膚が青白く、体温が正常な場合(熱疲労)

心臓より足を高くして、あおむけに寝かせます。
水分補給が出来るなら、
少しずつ薄い食塩水かスポーツドリンクを
何回にも分けて補給してあげましょう。


●皮膚が赤く、熱っぽい場合(熱射病)

上半身を高くして、座っている状態に近い状態で寝かせ、
とにかく体を冷却します。

首、脇の下、足のつけ根など、
血管が皮膚表面に近いところを氷などで集中的に冷やします。

氷がない場合は、水を体にふきかけ、
風を送って冷やします。


●意識がはっきりしない場合

反応が鈍い、言動がおかしい、意識がはっきりしない、意識がない。
こういった場合はすぐに救急車を呼びます。

同時に、救急車の到着までは応急処置をしていきましょう。
意識がはっきりしない、もしくは意識がない場合は
水分補給は厳禁です。
又、吐いてしまった場合にのどを詰まらせないよう
寝かせるのは横向きに寝かせましょう。


●症状が回復しても必ず病院へ

熱中症のような形で倒れた後、
軽い症状の場合は
色んな処置のおかげで回復する場合があります。

しかし、回復したつもりでも
体内に影響が残っていたり、再発のおそれもあります。

熱中症になったら、
回復した後でも必ず病院で診てもらいましょう。


スポンサード リンク