熱中症の様々な症状

熱中症は、いくつかの症状が重なり合い、
互いに関連しあって引き起こされる怖い病気であり症状です。


また、熱中症の症状には
軽い症状から重い症状へと症状が進行することもありますし、
短時間の間に急速に重症となることもあります。

 
実は熱中症は、
大変に身近なところでおきていいます。
自分の周りの人に熱中症になった人が居ないから大丈夫と
考えていては大変な事になりかねません。
そのため、熱中症に関しては
十分にその危険性を認識しておくことが必要です。

 
熱中症の治療を行ううえで
熱中症は以下の3つに分類される事があります。

1、熱痙攣
2、熱疲労
3、熱射病


難しい言葉が並びましたが、
要するに、軽症、中傷、重症にわけたと言ってもいいでしょう。 




詳細に書きますと、
手足や腹筋などに痛みをともなった痙攣や
一時的な失神は軽症に当たります。


これは、大量に汗をかいた後に、
水だけを補給した場合に、起こりやすい症状です。


失神の他に、脈拍が速く弱い状態になったり、
呼吸回数の増加、顔色が悪くなる、
唇がしびれる、めまい、などが見られることがあります。



中傷の場合は、
めまい感、疲労感、虚脱感、頭重感(頭痛)、
失神、吐き気、嘔吐などの
いくつかの症状が重なり合って起こります。


症状は、血圧の低下、頻脈(脈の速い状態)、
皮膚の蒼白、多量の発汗などのショック症状が見られます。


この中傷の場合、気をつけないといけないのが
放置していたり誤った判断を行ってしまうと
症状が重症化してしまう危険性がある事ですので
適切な判断と対応が必要になってきます。



重傷の場合は、意識障害、おかしな言動や行動、
過呼吸、ショック症状などが、
中傷の症状に重なり合って起こります。


体内の血液が凝固し、脳、肺、肝臓、腎臓などの
全身の臓器の障害を生じる多臓器不全となり、
死亡に至る危険性が高いので、
急いで救急車を呼ぶ必要があります。


スポンサード リンク