熱中症の対策 熱中症の予防と症状

熱中症は怖い病気です。


熱中症は、単に暑いから倒れたなどというモノではなく
大変な病気である事を知っておかなくてはいけません。


熱中症とは、どんな病気なのか?
熱中症の症状とは、どんなモノがあるのか?
これらを知っておく必要があります。


熱中症になりやすい夏の暑い日には、熱中症の対策が必要です。


熱中症の対策や熱中症の予防、熱中症の症状について
語っていきたいと思います。


スポンサード リンク

熱中症とは

熱中症は、単に暑いから倒れたなどというモノではなく
大変な病気である事を知っておかなくてはいけません。

熱中症とは、どんな病気なのか?
熱中症の症状とは、どんなモノがあるのか?


これらを知っておく必要がありますね。


まず熱中症とは、
体の中と外の"あつさ"によって引き起こされる体の不調で、
専門的には、

「暑熱環境下にさらされる、あるいは運動などによって
 体の中でたくさんの熱を作るような条件下にあった者が発症し、
 体温を維持するための生理的な反応より生じた失調状態から、
 全身の臓器の機能不全に至るまでの、連続的な病態」

と、されています。



熱中症の発生原因は、
夏の暑い日の熱波によって
主に高齢者に起こるものや、
幼児が高温環境の中で起こるもの、
暑熱環境での労働中に起こるもの、
スポーツ活動中に起こるもの
などがあります。
 

労働中に起こる熱中症は、
労働環境の改善などにより
ピーク時に比べ減少してきているとされていましたが、
近年の環境条件により増加傾向が伺われるようです。


また、スポーツなどにおいては、
増減を繰り返す中で、大きな変動はないようですが、
依然、死亡事故が無くならない状況にあります。

 
熱中症というと、真夏の太陽が照り返す中の
暑い環境で起こるもの、というイメージがありますが、
真夏の太陽の下でなくても
スポーツや活動中における体内の筋肉からの
大量の熱を発生や、脱水などの影響により、
寒いとされる秋や冬でも発生しているモノもあり、
実際、11月などの冬季でも死亡事故が起きています。


また、運動開始から比較的短時間(30分程度から)でも
発症する例もみられます。


スポンサード リンク